勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

リスペクト/信頼金庫


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【リスペクト/信頼金庫】


*「相互尊敬」


共同体感覚であり、勇気づけの要件の1つです。


尊敬と言うと、仰げば尊しとのイメージを持たれる方も多いと思いますが、横並びの共同体感覚を目指すアドラー心理学では、英語のリスペクトの方が相応しいでしょう。


そう!オーティス・レディングのヤツですね。


岩井俊憲先生のロングセラー書「勇気づけの心理学」には、


人それぞれに年齢・性別・職業・役割・趣味等の違いがあるが、人間の尊厳に関しては違いがない事を受け入れ、礼節をもって接する態度


とあります。


子供の私物化なんかはこれに反する訳で、日本に於けるアドラー心理学のパイオニア野田俊作先生は、ある年齢になったら神にお返しすべき存在とおっしゃっています。


さて、相互と言っても、アドラー心理学では、こちらからの一方通行の関係を重視して考えます。


ギブ・アンド・ギブ。


自分が、より早くより多く。


つまり、相手からの見返りを求めるのでなく、相手に対してと自分に対しての双方尊敬と考えれば良いでしょう。


向こうが挨拶を返してくれなくても、やめない事ですね。


*「相互信頼」


これも勇気づけの要件であり、信頼感は共同体感覚の1つでもあります。


担保がないとお金を貸さないと言った場合に使う「信用」とはっきり区別しています。


つまり、根拠を求めず無条件に信じる事です。


同じく「勇気づけの心理学」には、覚醒剤でどん底に転落した娘さんを信頼し、見事に更正に導いた事例が載っています。


映画にもなったビリギャルもそうですね。


不信感を募らせる、「たら・れば」は使わない事です。


そして、ここでの相互も尊敬の場合と同じく、ギブアンドギブですよ。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


奇跡の仇討ち


フジテレビ版「オリエント急行殺人事件」についてです。


原作を読まずに観たオリジナル映画はそれなりに驚きを楽しめましたが、この世界的なネタバレ作品に挑戦した今回のドラマの意義は、犯人側を詳しく描いた第二夜に凝縮されていた様です。


何でしょう。


このレクレーション感覚は!


誘拐事件の深刻さや待ちの辛さはそれなりに描かれてはいましたましたが、それを上回る仇討ちの爽快感。


これが三谷脚本の真骨頂と言ったところでしょうか?


鉄道省のお役人や名探偵までもが加わっての、悪者退治の賛同者だらけなので、スカッとしない訳はないですね。


ところで、アドラー心理学では、勇気づけ技法の一つとして感情のコントロールをご紹介していますが、感情を流す事自体がストレスになってしまうと訴える方が時々いらっしゃいます。


でも、これをしなかった結果巻き起こる事態の方が、はるかに大きなストレスになるんですね。


そして、復讐も無気力手前の重大な不適切言動と考え防止に努めるのですが、これも同じ様に不幸な結末に近付かない為であります。


自分達を不幸のどん底に落とし入れた人物を赦すのは確かにに神業に近いでしょうが、これ以上の不幸には近付かないのが一番です。


でも有難い事に、この様に、小説・映画・ドラマ等の虚構として楽しむ道を残して頂いています。


いくら12人揃えたところで、「人を裁くな」と書いてある筈の新約聖書表紙の糸へんが、ドラマでは消えて描かれていたのが象徴的でした。


ドラマの様な奇跡は観て楽しむしかないんですね。


ところで、この聖書を抱えて誘拐現場に佇むところや殺害シーン等、相変わらず劇中のニノさんの表情は光っていました。


お父様をも凌ぐ悪役ぶりの佐藤浩市さん始め、そうそうたる顔触れ萬斎?の配役陣の皆様に感謝です。


既にニノさんから伝えられていた明治村ロケも路面電車以外は違和感なかったです。


また、土砂災害による陸羽東線迂回のブルトレ牽引以外、現役時代には特急と縁遠かったローカル線の主役C58ですが、この作品では、迫力満点の大役を見事に演じていました。


大いに楽しめた作品です。


<シリーズ・旅の写真帳>


道東方面に参りましょう。


ローカル線の主、C58が多数活躍していました。


釧網本線の浜小清水-原生花園では、流氷をバックに。

e0295037_15092033.jpg

翌日にも狙ってみましたが、氷はこんなにまばら。

e0295037_15092875.jpg

風向きによってこんなに違うんですね。


これでは初日の様に、氷上散策と言う訳には行きません。


釧路湿原でも撮ってます。

e0295037_15090583.jpg

鶴とC58を一緒に収めようと、何日も粘った強者がいたとここで聞きました。


さて、幻のネガに参りましょう。


何と線区も忘れてしまいましたが、車窓で見つけ急遽訪ねた所です。


頭の中には風景の鮮明な記憶があるのに、何故かネガが見つかりません。


ところが、卒業後だいぶ経ってから、たまたま写真部の後輩から電話があり、この話をしたら、見つかりました。


引き伸ばしを頼んだきり、そのままとなっていたのです。


まだ続きがあります。


何とか戻って来たこのネガなんですが、今度は、ものぐさで保管が悪く、引き伸ばし前に破損させてしまいます。


てな事で、修正したものをお目にかけましょう。

e0295037_15080942.jpg
e0295037_15082204.jpg

極私的なお宝です。


(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)



[PR]
by u73213 | 2017-05-01 10:06 | Comments(0)

<< 母と暮らせば 絵空事/適切な建設/ベーシック... >>