勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夢心地


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【夢心地】

*「夢」


建設的で健康・幸福な人生を目指す為に、本ブログ【生き方/身も心も/色メガネ/美丘】に出て来たライフスタイル(性格)を探る事がアドラー・カウンセリング等で重要な作業となっています。


その手がかりの一部として【家族に価値ありき/生きる為には】では、家族に関わるものをご紹介しましたが、今回は夢について取り上げてみます。


今年も来日されたヒューマンギルド最高顧問・ペルグリーノ博士 の講座の一つに「夢解釈」がありましたね。


ここでも先ずは、夢の様なワーク、ではなく夢のワークのご紹介


以前、愛知県の国府宮で開催された岩井俊憲先生のワークショップに参加した時の事を書いてみます。


フロイトは、「寝ている時には、意識のコントロールが弱まり、無意識的な欲動が活発化して来るが、それで目を覚してしまうのを防ぐ為に、いろいろな歪曲を受けた、主に視覚的な空想が夢として現れる。」と言い、その歪曲を解釈する理論が、夢判断という著書等で知られています。


一方、当初この理論を擁護していたアドラーも、後に独自の理論を確立します。


実践にすぐ役立つアドラー心理学では、原因より目的を重視しますので、夢は日常生活のリハーサルと考えており、課題解決の役に立つメッセージを読み取る技法にも展開しています。


このワークでは、繰り返し見る夢について、見た人にいろいろグループのメンバーが質問するうちに、ご本人に気づきが出て来て、意味を見出して行きます。


特に、見ている最中や思い出した時の感情は、課題解決の後押しになるので注目します。


自分の色メガネ的な主観が入らない様、グループで行うのがミソですが、決めるのはご本人です。


また、象徴表現の読み解きも行いますが、フロイトの様に固定したものを考えず、ライフスタイルのタイプ分け同様、ある程度の傾向をつかむ事にとどめ、十人十色である事に注意します。


更にもう一つ、夢の内容をサイコドラマ(心理劇)で再現し、演じたグループの人が述べる感想から、ご本人が気づきを得ていく技法についても、体験しました。


繰り返し見る夢には自分の性格(ライフスタイルと言います)が見事に現れていて、これを改善を促してくれるのにも役立つ、良い友人なんだなと言う気持ちになりました。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻


犬くんと夢


先ず家に帰ってすること。

それは犬くんをなだめる事です。

何が聞こえるのか、エレベータを降りてすぐ、もう吠えまくる声が聞こえてきます。

靴を脱いで部屋の扉を開けるや否や飛びかかって来るので、それを受け止めなければなりません。

e0295037_14050735.jpg
異父兄弟で、左がウス茶ん、右がコゲ茶ん、いずれも毛の色から付けた愛称です。

ミニダックス×2なので、結構なパワーです。

顔の辺りをしばらくなぜてやっていると、少し静まってきますので手を離すのですが、ここでまたワンワン始まります。

切りがないので思い切ってセーブし、初めて家族と挨拶を交わすことができます。

オートキャンプに連れて行った時など、そばを人が通る度に吠えまくり、翌朝声をからしていた強者ですが、元気な事に感謝しています。

そして最近の事件!

夢とライフスタイルについてはキーワードでも取り上げていますが、今回初めてそれに臭いが付きました。


会社での大事な会議中に、乾いた自分の唾が匂って困っていると言うもの。


時々目が覚める様ですが、執拗に同じ夢を観ます。


はっきり目覚めてびっくり。


何とすぐ目の前にプレゼントのクツシタが!(ツの点を一つ取って下さい!!)


そう、ウンちゃんです、


襖を締め切った為の事故でしたが、犯人をご紹介しておきます。


びっくりさせてゴメンナサイするコゲ茶ん。

e0295037_14061025.jpg

さて、昨日は今までに見た事がない傾向の夢を見ました。

但し、失敗夢である事や最近のでき事が変形及び混ざり合って作られている事は相変わらずです。

カミさんとその友人Yさん、そしてちょっとワルぶった若い男の3人が歩いて来るのにばったり出会います。

場所は大きなターミナル駅に併設されたホテルのエレベーター前で、自分も合流し最上階へ。

ナイスビューを楽しもうと思ったら、すぐに降りてきます。

その後何故かすぐ電車に乗っていて、その男が一緒でしたが、体がぶつかります。

初めて気がつき、自分はにこっとしましたが、相手はすごく不機嫌そう。

最初、この野郎と思いましたが、話を聴くと、さっきのYさんと別れ話をしたとの事。

ここで「そんな事は良くあるから」と言ってしまいます。』

さて目覚めてから考えてみました。

先ず、知ってる相手でも、この野郎と思ったらそのままネガティブな感情を引きずるのが普通で、話を聴くなんて事は、今まで現実でもまるであり得なかった事なので、少し変わってきたのかなあと嬉しかったのですが、何が失敗かと言うと、よくやりがちな一言「そんな事は良くあるから」を発した事です。

せっかくにっこりしたのにすぐ上から目線になってしまうライフスタイルが出ています。

この様な上から目線の慰めは相手を余計落ち込ませます。

アドラー心理学では、カウンセリングは勿論、普段の対話に於いても、例え相手が小さな子供であれ、横並びの相互信頼・相互尊敬の関係を築くのが先決です。


先程の我が家の犬くん達に対しても、吠える事を責め立てずに先ず感謝ですから。

なのでこの夢の様な場合、「それは大変ですね。どうしたら良いでしょうかね。一緒に考えましょうか?」と相手の自力解決を助けたり、代替案を持ちかけたりします。

これを知っていて、つい出てしまった一言に、夢の中でやきもきしてました。

この時のやきもき感情が現実での対話の改善に活かせる様、夢が協力者になっているのですね。

アドラー流では、夢は衝動の変形と考えず、見た時の感情に注目します。

これが、失敗防止・課題解決などの目的に向かって行動する時の後押しになる訳です。

さて、コントローラーという、事前準備大好きなライフタイル(性格)らしい私は、勉強してないまま試験日を迎えるとか、珍しい車両が来たのにデジカメの電池切れで撮れないとか、よくこういう失敗夢をよく見ます。

以前には、正方形の大きなバスタブに湯を張っていて、あふれさせて慌てる夢を見ました。

栓をしないでお湯張りしっぱなしとか、ガスを点けずに水風呂を入れるという事件の後だったので、その残滓だとも思いましたね。

そして、今日、家族が同じ水風呂事件を起こし、神秘的な予知夢の事も思い出してしまいました。

以上、自己分析なので色メガネの影響が色濃いかとは思いますが、考え方の一端を実生活に役立てて頂ければと思っています。

ついでに予知夢についてですが、謎が多い様で不思議ですね。

三河湾に浮かぶ佐久島に遊びに行った時、朝の一色港に漁船がいっぱい戻ってくる光景、前日に見た夢とほとんど同じシーンでびっくりした事があります。

予知夢について、ユングは人間の深いところにある集合無意識や共時性が未来を知らせるものである様に考えてたんですよね。

アドラーは予言と言うより、夢の後に起きる事が普段も気になっているので、それが情動を作り出していると解釈しています。

アドラー心理学は、真理探究よりも、人を幸福にする事を目的にしているので、実用的側面に於いてはこの解釈を使いたいと思ってます。

成功夢の例も挙げておきましょう。


以前、カミさんからから紹介頂いた、嶋津良智著「怒らない技術」を読んでの影響が大きいと思います。


『腰痛か何かで、整形外科の理学トレーニング室の待合いベンチに座っている。


順番待ちでいつものイライラ癖が出かかっているところに先生から「奥さんから電話だよ。」と声をかけられる。


さて、どこにかかっているのかと探し回るが見つからない。


イライラがさらにつのりかけたが、そうだ、とりあえず外へ出て携帯してみようと思い立つ。


怒りは静まった。

その時BGMが自分の好きな曲に変わったのではっとする。


そうかカミさんが「この曲に変えて」と電話してくれたんだと思い、いい気持ちになっていたところでアラームが鳴り目が覚める。』


こういう時って起きるの辛いですね。

イライラへの教訓とカミさんへの感謝力強化が目的の夢だった様です。


また、恥ずかしながらトイレの夢をよく観ます。

たいがいは、器質的な尿意に抗がって睡眠を継続させるとの目的がある様です。

つい最近のは、用を足していて下を見ると何と足元が洗濯機で中に洗濯物が!

慌てて脇のしゃがみ便器に移ったところで目覚めます。

すぐ現実のトイレに行き、座って下を見ると、カミさんが掃除したすぐ後でクリーナーの泡がいっぱい。

これは予知夢と言うより、冒頭の犬くんのと同じく運知夢?

お尻がよろしい様で。


<シリーズ・旅の写真帳>

ここではたと気づいたのですが、このシリーズに、人があまり登場していませんね。


確かに金銭的に不自由な学生時代に、国鉄職員の家族パスや割引証をふんだんに使えた有難い状況だったので、クラス仲間や写真部の友人達とより、一人旅の方が多かったのは事実です。


でもそんな時は、旅先での出会いが記憶に刻まれます。


少しだけ書き出して見ましょう。


確か東北本線3重連取材の帰り、陸羽東線の乗換駅で別れるまでの間、列車の先頭、つまりSLのすぐ後ろで、同好の若い衆と仲良くなりました。


聞くと桑名から来ているとの事で、近鉄車内アナウンスの物真似大会が始まりました。


今でも番組等で鉄の芸能人・マネージャーがこれをやると凄く盛り上がりますが、そんな雰囲気でしたね。


同じく東北の花輪線を訪ねた折には、前に座った一般人大学生のお兄さんが話しかけてくれ、始発駅からずっと喋ってたんですが、相当のイケメンだったので、女性がささやき合ったり、うろちょろしたり。


ご本人はうっとおしがっていたのが、これまた可笑しかったのですが。


女性と言えば、上野からの夜行で、前の若い女性が退屈そうだったので、眠りに入るまでお話ししてました。


シャイな私が普段しなかった事ですが、旅のなせる技ですね。


さて、写真です。

神奈川県の鶴見線。

17mの旧型国電が終焉を迎えるとの事で、取材行きを計画していましたが、野暮用が続き間に合いませんでした。

そんな中、唯一大川支線に長く残ってくれたクモハ12を、仕事で横浜磯子に住んでいる時に訪ねる事ができました。
    

e0295037_05495142.jpg

同時期、横浜赤レンガ地区の臨港線がなくなる前に訪ねてみましたが、新幹線の大型車体を在来線で輸送するに際し、障害物のチェックをする為に改造された、コヤ90なる珍車が留置されていて、乗り込んでしっかり見て来ました。

さて、長野県に移ります。

鉄道の標高日本一地点の近くで、八ヶ岳を背景にした小海線C56です。

e0295037_15305619.jpg

穏やかそうに見えますが、冷え込みは相当のものでした。


秋に訪ねた時、他のポイントもいくつか巡りました。

e0295037_16290196.jpg

飯山線の森宮野原でもC56。

e0295037_15312715.jpg

すすきの頃、沿線は、千曲川の川霧も見事でした。


霧の飯山駅ではC56の旅客発車。

e0295037_10222176.jpg

また冬ですが、大糸線にもいたC56を小滝-根知間で。

e0295037_15321677.jpg

(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)



[PR]
by u73213 | 2017-07-31 22:14 | Comments(0)

<< 聴く耳を持つ/あなたもわたしも... コントロールせな、あかんじょう... >>