勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダメよダメダメ、ダメ出しは/加点円満/リフレーミング・左うちわの法則



<日替わり記事>


動物とわたし


我が家の監視員をご紹介します。

e0295037_13272113.jpg
これが私のクレイジー】


前回クレージーキャッツの名曲について触れましたが、9/2からはNHKで植木等さんと小松政夫さんの師弟を描いたドラマが始まります。


また、スーダラ節以外の曲も、大物ブルースマン・デュオによってカバーされてますよ。


e0295037_09031017.jpg
「これが男の生きる道」


この曲もPUFFYがパロったりしていてとにかく凄い影響力ですな。


【人ごとじゃない】


世界の日野さんだからニュースになっただけ。


言葉の暴力も含め、家庭は勿論、プロの教育者の間ですら日常茶飯事!


アドラー心理学の拡がりに向け、むしろ日野さんに感謝したい気分です。


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【ダメよダメダメ、ダメ出しは/加点円満/リフレーミング・左うちわの法則】


*「ヨイ出し」


自分の長所を沢山挙げて下さいと言われて困っている方々をよく見かけますが、敢えてこ
の苦手を克服し、自分に対してヨイ出しする事が大変重要です。


これも自己勇気づけの技法になります。


また、他者へのヨイ出しも勇気づけです。


上から支配で自分の考える型に相手をはめようとする時によくダメ出しを使いますね。


これは頑張っている相手の勇気くじきにつながり、自立心も削いでしまいます。


教育に於て、ダメだった所は本人が一番良く気付いており、前向きな人は、結末を改善に活かす事が自分でできる訳で、その人の解決力を信頼せず、先回りの支配・操作で自分のレールに乗せようと責め立てるのは、本人を傷付けるし、また時間の無駄遣いです。


そもそもダメと判断する際の基準って、人それぞれの主観・色メガネに過ぎない訳で、他者に対するそんな権利誰にもありませんから。


あくまで基準は、共同体感覚に適う様、自分で自分の中に作り上げるものです。


それから、「関心引き」と言う非建設的な目的についてはキーワード・所属感で少し触れました。


共同体から無視されるのは耐え難い。


だから、優越を目指す為に、不適切でもいいから手っ取り早く注目してもらおうとする。


そして注目をゲットしたと見るや、してやったりと同じ様にこれを繰り返す。


この様にして、よろしくない言動の頻度が無意識的に増えて行く訳です。


これがアドラー心理学で言う、ありがちな非建設的劣等克服の1つです。


他者へのダメ出しは負の注目であり、関心引きの網にかかる事により不適切言動を誘発する格好の材料になってしまうんですね。


さて一方のヨイ出しは、他者と比べたりしないで、相手目線でヨイ所にのみ注目する事であり、先程の原理で、逆に建設的な行為をどんどん導き出します。


ヨイ出しと言うと、よく、ほめる事と混同されますが、これはダメ出しと同じく上からの自分評価目線でしてしまうものです。


ヨイ出しは真逆であって、自分ではなく相手に共感してヨイ所を見つけ、感謝等を伝える技法なので、勇気づけになるんですね。


でもヨイとこなんてそんなに見つかるの?と思っているあなた。


ポイントは、当たり前にできている事への見方を変える事です。


例えば、生まれて来て人生を旅する事。


普段当たり前の事と思っていますが、よく考えてみると、宇宙の成り立ちから始まる奇跡の上に成り立っている事に気付きます。


そうなると、当たり前にできている事は実はすごい事なんだと見て取れる訳で、例えば、朝起きて支度する、地下鉄に乗る、出社する等々、ヨイ出しのネタは無尽蔵である事が分かります。


奇跡に対し、畏敬の念で有難う!に立ち返り、ヨイ点を探す事に時間を振り向けましょう。


尚、他者へのヨイ出し、勇気づけは、自身の貢献感を高め、自己勇気づけにもつながって来る事は要注目です。


具体的な事例等は、冒頭<勇気づけ通信>にある
はぴねす等が主催の「ELM」等で沢山学んで頂けます。


*「加点主義」


前項のキーワード・ヨイ出しの元になっている考え方です。


長年広く一般に行われている教育方法は真逆の減点主義。


設定する基準に対して、できていない所をあぶり出し、そこを上げればレベルアップするとの考え方。


家電品に例えてみましょう。


同種の製品が、長い年月をかけて改良され、安全で使い易いものに進化しています。


これは、問題点やユーザーの不満等、できていない所に注目して、つまり減点主義で改良を重ねて来た結果です。


ところが人はどうでしょうか。


確かに上述の改善は、これまで書いて来た劣等克服と言う目的に適っていると思えるかも知れません。


ところが、意識を持たない製品と違って、人は自己決定をし自力で劣等克服して行く必要があります。


製品の開発者に相当する親や教育者はいつまでも付いていてくれません。


なので、教育の真髄は自立、つまり自力で建設的な自己決定ができる様にする為の援助、勇気づけなのです。


また、支配的な減点主義は、やる気を失わせたり、反発心から感情爆発を起こし、取り返しのつかない溝を作ったりします。


減点主義の強烈な例として、蜷川幸男さんの演出が有名です。


ニノさんや潤くんの様に、高い演技力に加えて、懐に入り込んだりストイックさで相手の出方を変えてしまうと言った特殊な技を持っていれば良いのですが、そうでない役者さんは、自己肯定感を削がれ勇気をくじかれてしまいますね。


他の人と比べず、相手を信頼して、当たり前にできている事に敬意を払った上で、それを基準とし、少しでも進んだ所に注目し、喜びに共感して勇気づけるのが加点主義です。


前項のキーワード・ヨイ出しでも書いてますが、当たり前って、実は奇跡的な事なんだと言う事に気づいて欲しいですね。


そして、評価目線である「ほめる」との違いにも注意して下さい。


*「リフレーミング」。


これまで書いて来た、自他に対しての見方を変える技法の1つです。


見つけるヨイ出しから更に進んで、ネガティブをポジティブに切り替えてしまう様、発想転換をします。


意味のリフレーミングは短所の長所化で、例えば、


喋らない→穏やか・聴き上手


状況のリフレーミングは、前に出て来た、


失敗→成長の種


なんかですね。


これらも主観を変える事ですが、相手への共感を忘れ、自分目線だけでやってしまうと逆効果なので要注意。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


内観法ふたたび

本ブログ【プチ内観法しやがった】で書いた内観研修ですが、思った以上にアドラー心理学と相通じるところがありましたので、再度取り上げさせて頂きます。

まず開始前のガイダンスで強調されていた、「相手の目線で思い出す」と言う事。

これ共同体感覚の中の「共感」、つまりアドラー自身が語った様に「相手の目で見、相手の耳で聴き、相手の心で感じる」事ですね。

そして思い出す事も、以下の右に掲げた共同体感覚につながって来ます。

 「して頂いたこと」-「ヨイ出し感謝赦し信頼感」

 「して返したこと」-「貢献感」

 「迷惑をかけたこと」-「不完全さの受入れ自己肯定感、所属感」

そして、内観後の分かち合いの時に清水所長さんから、トラウマ克服法のお話がありました。

「トラウマは、今が上手くいってないので引っ張り出して来るだけのものであって、言い訳のネタになっている。殴られた時は誰もトラウマとは思っていない。」
 

「毒矢が刺さった時、誰がやった?男か女か?敵か味方か?等と考えていたら死んでしまいますね。先ずは今の治療が先でしょう。」

「ものの見方を変えることで、トラウマは解消できる。」

「恨みは輝く夜空の星。夜空を自分で青空に変えてしまえば、恨みは消えてなくなります。」

といった様に例え話をまじえてお話下さいました。

これらもアドラー心理学の目的論に通じますね。

フロイト学派が、トラウマ等を原因論で追求し、そちらへ走ってしまったのに対して、アドラー派はこれからどうするかを重視します。

タイムマシンでもない限りその事実を消し去ることはできませんからね。

目的追求の仕方つまりライススタイル(ものの見方、性格)は、自分の主観である色メガネを掛け変える事によって健康・幸福に役立つものになります。


【当たり前田に感謝

(大野さんのラジオから)

「おはようございます!

嵐の、大野智です!

今日の一言、カモン!

『ありがとうの反対は、当たり前』

BGM♪ Don't You Get It

なるほどね?


そうだねぇ~?


人間て、なんか慣れてくるとさ!

最初はさぁ、あ~こんなことも…有難うございます。感謝してます。って言うものがさ


毎日起こったりさぁ


すると、当たり前になってしまうんだよねっ


見えなくなってしまうんですよぉ。」


と語り、PVとかライブのセット設営や衣装についても触れ、これらの協力が、当たり前の事じゃないと考えてみると、挑み方が違って来るとも語っています。


<シリーズ・旅の写真帳>


木曽福島には機関区もあり、SLやファンの人逹で賑わっていました。


本線運転に向けての整備が終わり試運転が始まった今話題のD51の200号機は、中央西線で現役時代を過していました。

e0295037_16302543.jpg
受け狙いか?


デフ無しの入換機は時々いますが、珍しい逆バージョン、デフ付きの入換用C12です。

e0295037_16300484.jpg
このデフ、後補機で上松の入換に向かう際には役立ったでしょうか。

この199号機は塩尻市の駐車場に保存されているので、今でも観られますよ。

雨の日や夜間も頑張ってます。

e0295037_16295438.jpg
e0295037_16301591.jpg
さて、海側に戻りまして、浜名湖をぐるり回る二俣線には、豊橋からのC58貨物がありました。

e0295037_16292184.jpg
そして豊橋ではC50と共に、デフなしのC58が入換に動き回っていました。

e0295037_16330040.jpg
飯田線は生きたELの博物館でもありました。


中部天竜で国産貨物用の代表選手EF15と
英国製ED17の並び。

e0295037_15043855.jpg
こちらは伊那松島名物です。


伊那電からの買収引き継ぎ車ED33
ED26(11)と東海道線でも活躍していた国鉄純血種アメリカ製ED19。

e0295037_09302448.jpg
飯田線に引き継がれた後、伊豆急から東急長津田へ移り住んだ豊川鉄道買収車のED30→ED25(11)は動画でご覧下さい。

また、同じ経緯で飯田線から遠州鉄道に行ったED28の動画はこちら

国電博物館としても有名で、全国からファンを集め、自身も何度か通いましたが、形式写真がほとんどなので、ここではほんの一部だけご紹介。


事故消失した17m車の復旧名義で車体新製した珍車クハ47011が中部天竜に到着。

e0295037_08513899.jpg
この駅の端っこには、スカ色に塗られて間もなく休車となってしまったクハ18013。

e0295037_08514651.jpg

こちらは、伊那電買収車を事故救援車に改造したもので、中には工具等が積み込んであります。


中部天竜にいたサエ9320。

e0295037_15034905.jpg
木造車体が珍しく、反対側の妻部は機材が出し易い様、観音開きの扉付に改造。


こちらは伊那松島にいたサエ9322です。

e0295037_15034116.jpg

豊橋へ行くと、横須賀線で要人を乗せていた元一等車を格下げしたサハ45012。


短期間の在籍でしたが、快速用の湘南色となっていたのを機関区で捉えました。

e0295037_15035869.jpg

豊橋駅での流電の並び。

e0295037_17094713.jpg

スカ色に塗り替えの直後の様ですが、私は湘南色時代を一番好ましく思っています。

鉄ガキ時代、家の近くでこう言った東海道線の80系湘南型をしょっちゅう見ていました。

e0295037_05502741.jpg
そんな頃、鉄友に誘われて豊橋へ行き、そこで初めて出会った戦前型旧型国電に以後魅せられて行くのですが、中でも同じ湘南色ながら衝撃的な形態の流電にドはまりしてしまうのです。


その頃の豊橋駅にて。

e0295037_15040784.jpg
白黒写真しかなくて済みません。

引退後、登場時の姿に復元されリニア鉄道館に保存されました。
      

e0295037_07590118.jpg

(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)


[PR]
by u73213 | 2017-09-01 13:51 | Comments(0)

<< しかない・もある/賞と罰 心の声/やめられない?言い訳 >>