勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

目指すところ/私だけの法/解決思い込み


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【目指すところ/私だけの法/解決思い込み】


*「目標設定機能」


今日からは、ライフスタイルの機能についてのキーワードに入ります。


前回までの信念体系要素は、キーワード・虚構性等にも大きく関わる静的な受け口、つまり、現象に対してのフィルターとなる色メガネです。


今回からの機能はそれにつながる動的な働きとなり、これが言動に現れて来ます。


最初は、キーワード「目標設定機能」


前回、要素のところで、キーワード・自己理想について触れました。


これを参照し、状況に応じて具体的な目標を選択する機能です。


例えば、


自己理想:

私は絶対に失敗してはならない。


に対して、


目標:

仕事の予定を綿密に書き出す。


と言う様な事になりましょうか。


*「法則設定機能」


例えば、


世界像:

この世界は危険である。


と言う信念体系の要素を受けて、


法則:

ひそひそ話をしている人は自分の悪口を言っているに違いないとの一般解釈を作り上げ言動します。


*「問題解決機能」


前回の法則設定機能で一般的ルールを作り上げるんですが、それから外れた例外状態を問題と捉え、ライフスタイルが作り出す感情が起こります。


そして前回の目標設定機能を使い、向かう所を定めます。


後は、記憶をたどるとか試行錯誤等で解決をはかり、成果を見て次の対処に入ります。


この様にして、人の問題解決・劣等克服には、多くの思い込み・ライフスタイルが入り込む訳です。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


【大きくなった嵐】


苦難の低迷期を乗り越え、今や国民的と称される程ビッグになった嵐。

今回は彼らに因んだ??旅をご紹介しましょう。

カミさんが探して来てくれた家族ツアーの思い出です。


その名も「飯田線秘境駅号」。

最近番組で礼二師匠が紹介していたやつですね。

専用列車に乗って、普段まず降りる事がないであろう、周りに民家も何もなく利用者がほとんどいない秘境駅のいくつかに降り立ち、辺りをみんなでぞろぞろ散策します。

早速集合の豊橋駅で有り難いお出迎え。

e0295037_12345570.jpg
大垣夜行でお馴染みだった373系なので、コンパートメント席を予約し運良くゲット!


早速、配られた弁当とお茶を頂きます。

e0295037_12360317.jpg
新城駅では、ゆるキャラマニアの娘がお出迎えを受け地酒試飲もありました。

今回は通過でしたが、こんな駅もあります。

e0295037_14493284.jpg

名前に大野の付く駅は全国にあり、いくつかは利用しています。

さて飯田線に戻り、途中マニアに人気の鉄橋では、左側窓の下に対岸の堤防が見えてるのに、おーっと引き戻されてしまいます。

             500_45388090


これは、地滑りが起き、トンネルの完成が困難になった為、やむなくその対策で脇にできた迂回路で、川を縦に渡る珍しい「渡らずのなんですね。

難工事の末つながった路線。

秘境っぽくなって来ました。

どや!大きくなったやろ!紅白の顔や!その筋にはこの駅結構有名です。

e0295037_14085072.jpg
3つの看板も誇らしげ。愛知、静岡、長野の県境駅。

周囲に何もないのは、集落がダム湖に沈んだ為です。

e0295037_13571137.jpg
正に秘境!田本駅で崖にへばりつく秘境駅号。
e0295037_12425826.jpg
終着の天竜峡では、吊り橋なんかのあるハイキングコースを散策しました。
e0295037_10170190.jpg
舟下りをチョイスする事もできます。

帰路もコンパートメントで、親子水入らずの旅でした。

豊橋からの新幹線でもお見送り有り難う。

e0295037_12394481.jpg

<シリーズ・旅の写真帳>


塩浜-四日市間、臨港支線のコンビナート地帯でもD51が活躍。

e0295037_09312337.jpg

近鉄の塩浜駅に着くと、隣接した貨物駅でよくD51が観られましたね。


こちらは、本ブログ【D51西へ】でご紹介した様に、今でも岡山県で保存されているD51の2号機が、関西線のさよなら運転で四日市を発車。

e0295037_09313295.jpg


学校から三重交通のバスを乗り継いで
取材によく通った亀山では、加太越えに向かう後補機付きD51発車の横で、C50が入換に励んでました。

e0295037_10201138.jpg

亀山駅で客車の入れ換え中だったC57の148号機は、腐食対策で煙室前面がC55の様な角張りに改造されているのが特徴でした。


すらりとした胴に優雅な足回りのC57。

しかし、いかつい顔前面の感じは隠せず、貴婦人と言うより、正にオカマ!

110番も同様でしたが、こちらは悲惨な事故の復旧機なので笑っておられません。

e0295037_10202093.jpg


一方、こちらは亀山駅に到着する参宮線からのC57後期型198号機。

e0295037_10202863.jpg

こちらはデフも含め若々しく、貴婦人と言うより、今どきセレブ女子でしょうか?


同機が、津駅を出てしばらく近鉄線と並走。

e0295037_10203768.jpg


(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)


[PR]
by u73213 | 2017-10-18 18:58 | Comments(0)

<< バイアス回路/発振回路 私は誰?/世界は危険?/理想の私は? >>