勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

バイアス回路/発振回路


<日替わり記事>


あさ・イチ・ニノ・サン


NHK・あさイチで流れたニノさんのトーク良かったですね。

キーワード・共感にも書いた「役柄より観ているお客さんへの感情移入」と、クリント・イーストウッド監督との記者会見でも語った「俳優でなくアイドルとして参加している。」がつながりました。

嵐と言う立ち位置への感謝と共に、いわゆる俳優さんとは異なったその立ち位置でどの様な貢献ができるか。

この番組で綾野剛さんも気付いていた様に、いつも自身の最善のあり方を冷静に実践されているんですね。

そして、本ブログ【国際結婚】で既にニノさんの表情について書いていますが、最新作「ラストレシピ」でも、ラストの表情が話題となってますね。

企画者の秋元康さんをして、あれは卑怯と言わしめています。

ところで、そのブログで、「天城越え」のニノさんは昭和初期の髪型と書きましたが、あさイチ情報で大正15年の設定である事が判明。

訂正致します。

さて明日は、都合で行けなくなった方から権利を譲り受けた「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶」試写会にカミさんと行って来ます。

<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【バイアス回路/発振回路】


*「認知バイアス機能」


ライフスタイルの信念体系要素のところで、静的な色メガネ、つまり人それぞれの物の見方について書きましたが、正にそれを作り出す機能が今日のキーワード「認知バイアス機能」です。


これは、今は勿論、過去の出来事に対しても働きます。


ライフスタイル診断技法の1つに早期回想と言うのがありますが、これは、幼い頃の記憶の内、今のライフスタイルに合致する事だけを思い出す認知バイアス機能を利用したものです。


上述の様に、心理学で言うバイアスとは、思い込みとか色メガネによって生ずる人それぞれの見方の違いを表しています。


一方、一般的にバイアスと言う言葉は、私が学生時代に学んだ電子回路で使われています。


トランジスタで交流信号を増幅する際、マイナス分がカットされない様、直流をべースに加えてかさ上げする手段等にバイアスと言う言葉を使ってました。


このかさ上げからは、正に入って来る情報の加工がイメージできますし、更に電子回路との絡みでは、フィルターとか信号歪みなんかも、偏見や認知のゆがみと対比できますね。


1か0しかないデジタル回路と違って、すっきり行かないアナログな人の心です。


*「安定性」


私達は、先に書いた認知バイアス機能によって、自身のライフスタイルを防御します。


馴れ親しんだやり方に合致しない事柄を問題扱いし、解決に際しても自身のライフスタイルが顔を出して解釈をねじ曲げたりします。


また、環境が後押しする事もあります。


例えば、世界は安全であるとの信念を持っていると、良い友達が沢山でき、ますますその信念は強まるでしょうし、逆の信念だと周りに協力者がいなくなり、危険度が上がり同様に信念強化となりましょう。


これを又電子回路に例えると、正のフィードバックがかかる為、極めて安定した発振が続くかの様です。


か様にライフスタイルは強固な安定性を保持しているので、性格は変わり難いと言われるんですね。


建設的なライフスタイル変革の冒険に旅立つ為に、必要に応じて、心理療法の力を借りるのは、その為なんです。


この馴れ親しんだ安定からの改革について、ヒューマンギルド刊の「アドラー心理学教科書」では、台本(ライフスタイル)を離れて、臨機応変にアドリブする、と例えています。


そう、前に書いたインプロもそうですね。


キーワード・虚構性もまたご参照下さい。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


【変えるライフスタイル】


時々記事内で「ライフスタイル」、「性格」、「信念」、「色メガネ」という言葉を使っていますが、少しここで整理しておきたいと思います。


劣等克服がその目的である人の言動を見てみると、次の様に流れていると考えられます。

1.現実世界の出来事

2.出来事に対する解釈(認知バイアス)

3.解釈に従った感情・言動


流れは 1.  2.  3. となり

2.は、前々回説明の静的に意味づけした各信念体系で、人それぞれの考えやものの見方になります。


キーワード・現象学でも、人は主観の中でしか生きられない事を取り上げています。


そして、3. は、2.を受け、前回説明した各機能を使った動的な対応と言う事になります。

流れ全体を「ライフスタイル(性格)」と表現するとしっくり来ると思います。

性格と言う言葉は変わりにくさをイメージさせますが、症状や対人関係の改善を本人が必要と考えるのであれば、ライフスタイルは変えられます。

アドラー派の心理療法では、現在の2.を知り、それを自力で変える事、またはそれを目指して援助する事で、3.の改善を果たします。

尚その時、他人の2.や3.を操作して変える事はできないと考えています。

援助を受けたとしても変えるのは自分自身でしかないのです。

これは「自己決定性」や「主体論」とも呼ばれています。


そして、自分が先ず変わると楽になり、更にそれによって相手が変わる事も期待できる場合があります。

2.や3.の多くは生い立ち等の影響を受け、それが無意識化される事等で安定しているので、大きく変えるのにはカウンセリングだけでなく心理療法の援用を要するケースもあり大変ですが、手段となる技法も多く用意されていて、決意さえすれば必ず変わってきます。

さて、まとめます。


先述の様に、いつでも変えられると言う意味を込めて、「性格」の事を「ライフスタイル」と呼んでいます。


アドラーは、ライフスタイルは変える事のできる柔らかい決定因と言ってますね。


アドラー心理学では、人の力では変えられない決定論(運命)と変えられる自由意志は共存すると捉える立場です。


前にご紹介した「目的論」も、客観的原因によらない人間の主観があるが故に成り立つものです。


前に進むも退くも、人それぞれの主観で「実存主義」的に自己決定できるんですね。


アドラー心理学は、様々な諸機能が原因となって人を動かすと考える「所有の心理学」ではなく、ある目標に向かって全ての機能が協力し合って使われるとの「使用の心理学」の立場です。


劣等克服に際してあれこれ迷い悩んでいるのは、目的論的に手段を選んでいる過程、あるいは時間かせぎや葛藤・言い訳自体が目的となっている可能性もあります。


またこれら悩みは内界の葛藤でなく、外界の相手が関係すると「対人関係論」では考えます。


これらの「」で囲んだ理論はみんな「全体論」的につながっているんですね。


広い意味での全体論もあって、宇宙まで拡がった共同体感覚の高い理想状態では、外界との葛藤や対立がありません。


これはスピリチュアリティーとの関わりにまでつながって行きます。


さて先程、ライフスタイルを大きく変えるには、心理療法が必要になる場合があると書きました。


様々な疾病に大きな効果が得られる事から、精神医学界では認知行動療法が重用されています。


その創始者は、北米アドラー心理学会会員のルバート・エリスと、アドラー派の訓練を受けたアーロン・ベックですが、上述の改善手法の流れは、この様に重い症状にも適用できるのです。


尚、認知行動療法は、アドラー心理学の療法と共通点が大変多いのですが、アドラー心理学が改善の方向として提示している共同体感覚と言った思想的・哲学的な面がなく、幸福を目指す前に、とにかく症状を除去する事に重点が置かれている様で、相違点が少しあります。


ここで、アドラー派の心理療法とカウンセリングについても触れておきます。


心理療法は、カウンセリングと異なり、ライフスタイル、特に先のステップ2.へ直接的働きかけをするもので、人格志向的と言えます。


夢分析を含める事もありましょうが、詳細なライフスタイル診断を行い、共同体感覚に根ざした新たな信念・機能のスタイルを実践。


そして、それが定着するまでの不安定な期間は、勇気づけをして支えます。


一方、カウンセリングも勇気づけを多用しますが、建設的対処ができる為の援助が中心で、問題志向的です。


勇気づけ・コミュニケーション等の技法で言動のコントロール等を行ってステップ3.アウトプットの変更を試行してもらい、これらの代替実践の結果を観ながら改善を進めて行きます。


これによってライフスタイルが変わって来る事もあります。


<シリーズ・旅の写真帳>


SLブームが巻き起こる頃、中学生だった私の目に、関西線の加太峠を行くD51の新聞記事が飛び込んで来ました。


ちょっとした冒険気分で、同級生と出かけてみようと言う事になり、名古屋からの関西線客車列車に乗り込みました。


これは、いわゆる電車じゃなくて汽車と言うヤツ。


「日の丸が乗せてやる主義」の時代の事、幹線列車の典型的な姿は長大編成・低頻度運行。


これじゃ並行する近鉄にお客様が流れるのは必然。


ガラガラの車内を見渡して、「空気を運ぶのに大変なエネルギーだね。」と囁き合った記憶があります。


さて亀山で乗り換え、鈴鹿山脈に進むと、加太-中在家(信)では、D51が前引き・後押しなんかで奮闘している姿が捉えられました。


初回は、中在家信号場まで行き、スイッチバックする列車も撮っています。


その後、趣味誌から情報を得て何度も訪ねますが、やはり加太駅から歩いて行った名所の大築堤でも、まだそれ程ラッシュ状態ではなかったです。

e0295037_10211437.jpg

同所で踊る黒煙のショット

e0295037_10213508.jpg


加太駅に近い方でも面白い撮影ポイントがいくつか見つかりました。


軽快に坂を下るD51。

e0295037_10212505.jpg

同じく鉄橋上で。
e0295037_10205641.jpg


柘植から草津線に入るC58もやって来ます。

e0295037_10210566.jpg

雪の日も訪ねてみましたが、見通しがきかず、加太駅周辺に留まり撮影しました。
e0295037_10204622.jpg


更に、峠を下った柘植-中在家(信)、いわゆる「忍びの国」では、梅小路に保存されている1号機のイベント列車を捉えています。

e0295037_10190435.jpg


(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)



[PR]
by u73213 | 2017-10-29 20:38 | Comments(0)

<< 決定的ジレンマ/思い出フィルター 目指すところ/私だけの法/解決... >>