勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人生の課題


<日替わり記事>


【年末年始ゴト


今年も12月31日のきわっきわまで有難う。


そして年賀状も。


さて、カミさんもアドラーにどっぷりつかっているので、映画「ナラタージュ」がピンと来なかった様。


そこでこれはどうか?と松潤旧作「僕は妹に恋をする」のテープを引っ張り出して来て2人で鑑賞しました。


暗い雰囲気は似てますが、美男美女双子故の大きな苦悩にハラハラ感がずっと有って、結構楽しめましたよ。


当事者だけでしか解決できない大きな課題に、ラストで救いが見られた様な。


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【人生の課題】


*「ライフタスク」


人生で取組むべき課題の事です。


前回先走って、もう後ろの2つを登場させてしまいましたが、仕事、交友、愛の3つのタスクを考えています。


あるライフタスクがやって来た時に、どう言う行動を取るかは、その人が使うライフスタイルで決まって来ます。


アドラーは3つの絆と言う表現も使っていますが、共同体感覚が試される時ですね。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


アドラーTV


アドラー心理学者のTV出演が相次いでます。


岩井俊憲先生が関ジャニ∞メンバーと共演し、遠野なぎこさんのカウンセリングを実演されたのを本ブログ【親の血を引く/医師を目指す】ご紹介しましたが、岸見一朗先生はNHKEテレに続き、日テレ系「世界一受けたい授業」をしました。


この番組に出演のケンコバさんは、以前にもタモさんのフジTV系「エチカの鏡」で、ヒューマンギルドの株主でもある星一朗先生から、兄弟布置によるライフスタイルを提示されてましたね。


古くは、やはりバラエティーですが、子育て応援プログラム「STEP」が紹介されたり、吉高由里子さん主演の「美丘-君がいた夏」と言うドラマでは、ストーリーの筋立てに大きく関わるものとして、「アドラー心理学」と授業中の黒板に大きく書かれました。


そして、ジャニーズ作家の加藤シゲアキ君、香里奈さん等が出演したフジ水10の「嫌われる勇気」。


岸見一郎先生のベストセラー心理学書のタイトルをそのまま冠したドラマは画期的。


しかし内容についてはいろいろ意見がありました。


原作の、常識に風穴を開ける狙いの部分だけが独り歩きした様なところには違和感を覚えましたが、原作に触れるきっかけになればと思います。


さて身近なところでは、NHK名古屋放送局で、一宮の中学校教諭だったアドラー仲間の三輪克子さんが行う「SMILE」講座の様子が流れ、実際に子供さんに効果が現れているところまで検証されていましたね。


そして、我がはぴねすも、児童虐待の解決法に関連し、CBC報道番組「イッポウ」の取材を受け、「ELM」勇気づけ講座の様子が放映されています。

  「CBCイッポウ勇気づけ画像」の画像検索結果      

  

上写真の丹野みどりキャスターに、付きっ切りで取材して頂けました。


これからも、マスコミからの注目度うなぎ登りのアドラー心理学です。


<シリーズ・旅の写真帳>


北陸本線の敦賀から分かれ、海水浴客で賑わいを見せる福井県の小浜線にはC58を訪ねています。               

e0295037_10214510.jpg
             
e0295037_10215492.jpg

また同県、越美北線の8620型は越前大野駅近くで撮りました。


数ある、名前に大野の付く駅の1つです。  

e0295037_16291100.jpg
  
e0295037_14043741.jpg

この時、福井機関区にいたラッセル車、ロータリー車の内部を見学する事もできました。


そして、関西に戻って、北びわこ号よりもっと前、やはり梅小路所属機の活躍。


本シリーズ函館本線の記事で写真を載せたC62の2号機がSL館に保存後、イベントで走ったのを東海道線の京都-向日町間で捉えています。  

e0295037_15030009.jpg


正に里帰りでしたね。


さて、また時は遡りますが、中学生の頃、父の職場の部下でもある鉄道ハンターにくっついて撮り鉄修行に出た事があります。


初の遠征です。


夜行急行「阿蘇」に乗り込みますが、名古屋始発の為、入線し易い新幹線近くのホームに停まっています。


そのホームを挟んだ隣では関西線C57が発車待ち。


知り合いの機関士を見つけた我が師匠は、運転席に行って歓談を始めたのでした。


早速良い勉強をさせて頂きました。


そして慣れない夜行で、あまり眠れないまま早朝の広島駅で下車。


乗り換えた呉線列車の先頭はC62です。


坂駅で降り、リニア鉄道館に保存されたC62の17号機やC59等、かつての幹線の花形による朝の通勤列車群をハントしました。

e0295037_15171764.jpg


その後、急行・安芸や瀬野八のEF59なんかを撮ってから、倉敷発の伯備線で山の中へ入って行き新見泊です。


撮り鉄修行3日目の朝、ファンサービスで布原(信号場)に降ろしてもらえる列車に乗るつもりが、何と間違えて乗り損ね、タクシーで山を越えて行きました。


これは失敗から得た学びです。


何とか西のD51三重連に間に合い、ド迫に圧倒されました。

e0295037_10195045.jpg


帰路、道草で降り立った大阪駅では、入換用EF14がお昼寝中。

e0295037_15143988.jpg

他に72系等の旧国なんかを取材し撮影修行はめでたくお開きに。


(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)


[PR]
by u73213 | 2017-11-19 08:00 | Comments(0)

<< 仕事/交友/愛 決定的ジレンマ/思い出フィルター >>