勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自分と神



<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【自分と神】


*「セルフタスク」


これは、アドラーの後継者によって、先の3つに加えられたタスクです。


自分自身との付き合いの事で、生産性に関わらない、レジャータスク・遊びの課題となります。


競争、受容、感情、勇気づけ等でもそうですが、対他も対自も対人関係と捉えているのです。


*「スピリチュアルタスク」


これもアドラーの後継者によって加えられたもの。


宇宙的なものにまで拡がっている共同体感覚に対応した、人知を超えたサムシング・グレートとの付き合いです。


対人関係と言う言葉がすっきりとはまりませんので、対神関係とでも呼びましょうか。


意識的な自力救済の力を援助する技法が整っているアドラー心理学ですが、変えられない運命の存在も確か。


人の力を超えたものの存在は、謙虚に受け入れ、傲慢さを控えざるを得ないでしょう。


一方、建設的なライフスタイルへの変革の為には、自力による無意識への働きかけも重要になりますので、信仰の力が助け船になる事もあります。


共同体感覚の概念には、新約聖書からの影響が多くみられますね。


この様に相互乗り入れ的な愛と平和の為のタスクです。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


【アドラーと智の記念日】


嵐・大野智さんのラジオ番組についに登場です。


今日の一言…カモン


「人生には三つの課題がある
一つ目は仕事の課題
二つ目は交友の課題
三つ目は愛の課題である
そして後ろの方になるほど解決は難しくなる」

(BGMGUTS)


おぉぉ…なるほど

これは、オーストリア出身の精神科医・心理学者アルフレッド・アドラーさんの言葉です。

アドラーさんは、愛の課題が解決できれば、深い安らぎが訪れるだろうとも言っています。

さぁ、あなたにとっての重要な課題は何ですか?

ねぇ、人それぞれ、違うと思いますが

僕は何でしょうねぇ。

「課題」って難しいなぁ。

なんかぁ、「課題」って言う言葉がちょっと堅いイメージがあるよね。

ふふふふっ。

まぁ~、でも、僕は何でしょうねぇ。

いやなんかね。


世界一周とかしてみたいなぁ~とか思ってるんですよ。

でもぉ、それよりまず、日本一周したくないすか?

行ってないとこ、いっぱいあるじゃないすかぁ。


仕事で時間がままならない大野さんらしさが見て取れるコメントです。


この課題は、アドラーの後継者が3つのタスクに付け加えたセルフ・タスクですね。


勇気と工夫で解決される事を望みます。


        

     


<シリーズ・旅の写真帳>


さて、九州をほぼ一周するツアーの入りは、筑豊本線の折尾-中間からです。


複々線に見えますが、半分はクロスする鹿児島本線との連絡線です。


石炭車と海上コンテナの組み合わせが面白い貨物列車を牽く9600。                       

e0295037_10225872.jpg

D60が客車列車を担当。            
e0295037_10223028.jpg

ご覧の様に、午前中など、両線合わせ、ほぼ10分おき位に8620、9600,D51、D60等の列車が行き交う正に楽園で、朝食のパンをかじりながら大忙しでした。

直方ではD60の発車。
e0295037_10224908.jpg
後に京都鉄博に保存される事になるD50の140号機は、庫の中で休んでいました。

炭鉱の多かった北九州地区の支線網には9600型の牽く石炭列車が沢山走っていて、その中の後藤寺線を訪ねました。

e0295037_10243456.jpg

ところで、今回の九州一周ツアーは、SL仲間の学友と二人連れでした。


彼は、写真部員ではなかったですが、主に名古屋出身者で構成された悪巧みグループの一員も、SLブームには抗えず、同行することに相成ったのです。


渡りに汽車で、行橋に向かう途中に親戚がいるとの事で泊めて頂ける事に。


駅からタクシーのお世話になりましたが、途中の山道でその友人の記憶が曖昧になり、ちょっと冷や汗。


何とか辿り着き、スイカをむさぼったり、趣味のカメラ談義に花を咲かせたりと歓待を受け、久々にゆったりさせて頂きました。


翌朝、一宿一飯の恩義で畑仕事...とは行かず、しっかりお礼しつつの撮り鉄再開です。


でも、下の写真だけはタイムスリップさせて頂きますが、修学旅行の昼食時にレストラン裏で捉えた日豊本線南延岡-土々呂のC61です。

e0295037_10264867.jpg

さて、ツアーの記録に戻って、同じ日豊本線の高鍋駅近くの小丸川河口。

e0295037_10231130.jpg

皆さん、お気づきでしょうか?


旅客用のC61そしてC57も貨物まで担当しています。


本シリーズ播但線の様な過酷な峠越えは少ないとは言え、やはりあまり例のない運用です。


スピードより力が欲しい山線では、旅客列車でも貨物用D51が使われるのはごく普通の事でしたが、逆パターンは珍しいんです。


例外的には、日本列島横断とまで行かないですが、本シリーズでも写真を載せた花輪線越美北線と言った勾配線区も含め、元々旅客用だった8620型をC58の様に汎用的に貨物に使用した例が割と多くあります。


これは、軸重の軽さや空転しにくい特性に信頼感があった為ですね。


一方、この日豊本線の珍しい例は、旅客列車から無煙化が進んだ為、C型蒸機がダブついたのが理由だと言われています。


俊足のスプリンターが重い荷物を背負い込んで、何だか痛々しく感じてしまうんですが。


さて更に南下し、宮崎駅南の大淀川を渡る撮影スポットにて、フェニックスとC55。

e0295037_10232265.jpg

近くのホテルに宿泊されている一般観光客の方々も大勢いて、SL見物を楽しんでおられました。

(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)



[PR]
by u73213 | 2017-12-09 21:51 | Comments(0)

<< 支配・操作と支援 仕事/交友/愛 >>