勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

支配・操作と支援



<日替り記事>


ドラマ「先に生まれただけの僕」の最終回が終わりました。


前にも書いていますが、アドラー心理学が活かされる学校・職場・家庭等の現場に於いて、お手本となる様な姿が終始描かれている様に感じられました。


相手の支配・操作になる賞罰教育ではなく、その対極にある勇気づけ教育を実践した鳴海校長でしたが、自身が勇気づいていないとこれは難しいです。


着実な信頼感獲得で仲間を得、仕事・交友・愛、3つのタスクを勇気と工夫で克服しましたね。


一方、恐怖による動機づけ、画策、最後はモンスターペアレントと言う支配・操作の非建設的な毒を撒き散らし続けていた加賀谷専務の結末も面白かったです。


「校長先生」との言葉が出て来ない神経症的な醜態。


この高嶋正伸さんの迫真演技に、校長役の翔くんも思わず笑いを抑える事ができなかった様で...。


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


【支配・操作と支援】


*「カウンセリング」


いよいよキーワード「カウンセリング」です。


アドラー心理学では、ライフタスクへの建設的対処を援助する事を言い、本ブログ【変えるライフスタイル】で書いた様に、ライフスタイルに直接働きかける心理療法とは区別しています。


しかし、問題解決の方向性を見極める為に、現状のライフスタイル診断は有効となります。


クライアントさん納得の上で、自力での解決を支援する事が前提ですが、聴くだけで終わらず、助言を行う指示的である事がアドラー流の特徴となっています。


また、勇気づけを欠かさない点も重要です。


本ブログ【親の血を引く/医師を目指す】に素晴らしいお手本がありますのでご覧下さい。


さて、クライアントさんの悩みの多くは、非建設的な相手への支配・操作に陥った事によるものです。


攻撃的な言動は勿論ですし、回避的なケースにあたる言い訳や神経症等による疾病利得も、非常に自覚し難いですが、最終的には相手の支配・操作につながって行きます。


また、賞罰教育に代表される支配・操作を受け続けた側は、例えば、減点主義に勇気をくじかれて無気力になってしまったり、ほめられる事で、承認欲求を満たす事に心を奪われる依存的な人になったりします。


劣等克服の為に使うこれらの自己中なライフスタイルを使わないで、共同体感覚を育てる為に自他への勇気づけが出来る様、クライアントさんに助言をして行きます。


その際、指示的に助言をするカウンセラー自身も支配的操作に陥らず、これらの建設的スタイルを実践しながらクライアントさんに接して行く事が肝になります。


アドラー派は、他の学派と異なり、医師と患者の様な縦関係とならず、対等な者同士の協力的学習事業と考えているんですね


さて、ここで代表的な流れの例を挙げてみましょう。


人間関係の樹立

情報収集

契約締結

ライフタスク分析

ライフスタイル分析

精神力動分析

新しい行動パターンの実験、勇気づけ

解決または終結対応


となります。


それから、グループ又はオープンカウンセリングをよく使う事も特筆すべきです。


冒頭<勇気づけ通信>でご案内している子育て支援の「SMILE」、勇気づけ勉強会「ELM」等のワークショップもグループカウンセリングの一種となりますし、読書会と分かち合いの形を取る事もあります。


オープンカウンセリングでは、仲間が私の課題に関心を向けていると感じる事が、大きな勇気づけ効果を生み出しています。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


「家族ゲーム」最終回も終わり、翔くん、皆さん、お疲れ様でした。


虚構ドラマとしては、大いに笑い、ハラハラし、楽しませて頂きましたが、現実の似た様な事件が頭をよぎると、私達が目指している勇気づけの対極にある、支配・操作や恐怖による動機づけを徹底する偽吉本に、最後まで違和感が涌き続けていました。


特に、「慎一を更生させるには、家族の意識改革が急務であり、そのためには最悪の場合、家族を崩壊させるところまで追い込まなければならないかもしれない。」と言うくだりは頂けません。


結果的に絆を取り戻せたとは言え、勇気づけによる意識改革を行っておれば、学校や会社を辞めたり、家までも失う事はなかったでしょうに。


勇気づけ技法を拡げる事の意味深さをしみじみ、また、じれったく感じながら観ていました。


一方、偽吉本の発言に共感できたところも沢山あります。


悪徳教師である本物の吉本について「息子を悪の代名詞のように言うの止めてください。」と言う母親は、8年前、生徒虐待の事実が解った時、事実を隠匿してほしいと田子(偽吉本)に泣きついた。


「本当は犯罪者の親だと周りから非難されたくなかったんじゃないんですか?つまり、多くの怪物は突発的には生まれない。吉本荒野というモンスターをつくり出したのは、他ならぬ貴女なんですよ。」


先生の吉本荒野にいじめられ死を選んだ教え子の元をたどると、この利己的な母親にたどり着くんですね。


「ルームシェアしてるただの同居人だよ!」と評した崩壊家族に対しては、


互いに膝を突き合わせて、自分の思いを口で、手で、目で、心で、伝える。それを何度も繰り返して築き上げていかなきゃ強くならない、面倒くさいもんなんだよ!「家族だから言わなくても分かる」なんて、お前らエスパーかよ!」


自分も、アドラー心理学の学習と実践で、この面倒くささに挑戦する事を目指してますので、このセリフには大いに勇気づけられました。


これを怠ると、もっと大きな面倒くささがやって来るのが分かってますから。


そして、観納め、聴き納めの偽吉本の象徴、「いいねぇ~」に、今こそ勇気づけを拡めねばと、改めて思いを深めたのでした。


さて、一度崩壊した沼田家では、兄弟に対しておそらく親本位の賞罰育成が行われていたと思われます。


支配的で操作的なのは吉本に限った事ではなかったのでしょう。


最後に、人の操作等に関連して、わが家の事件をご紹介します。


こちらが張本人様。



本ブログ「ほめない、しからない、そして...」 で書きました様に、アドラー心理学では、人の建設的な自己決定力を養う為、また相手を信頼して、支配・操作に繋がる、賞と罰による育成を禁じ手としています。


一方、犬くんって、「人の指示に従う→ご褒美→繰り返し指示に従う」、という流れが普通ですよね。


我が家のウス茶んは、これを逆手に取って非建設的な自己決定をするのでご紹介しましょう。


我が家では、夫婦+ワンワン兄弟の4人で寝ています。


いつも最後に寝室に入るのは私ですが、この時、カミさんを守ろうとする本能からか、ウス茶んは吠える事がよくありました。


夜中なのでよろしくないと、やむ無くおやつをあげる事で対策しました。


一方、一緒に蒲団に入るので、私がトイレシーツをこまめに変え、足が汚れない様にしていたのですが、ウスちゃんは、これに目を付けたのです。


普通寝る前1回だったトイレを、小出しにして、今では4回。


その度に起きてシーツ交換と吠え対策。


これでおやつを4倍せしめる事ができる訳です。


逆支配するウスんに繰られつつ、寝室とワンワントイレを毎晩寝る前に4往復しています。


さて再び人の話ですが、賞罰による操作的な育成では、バイクから外車へと褒美がエスカレートしたり、褒美がないと何もしなくなると言った悪弊、更には共同体感覚から離れて自立の支障に繋がったりします。


人が操作に対して仕返しを始めたら、ウスんみたく、賢い子だと喜んでいる場合ではなくなります。


犬くんなんか、こう言う気付きを与えてくれたり、他にも人への様々な貢献はハンパないですよ。


スヌーピー1のブログ

「へへへ!トイレ作戦成功。しめしめ。」


<シリーズ・旅の写真帳>


日豊本線、早朝の都城発車のC57。

e0295037_10234998.jpg

青井岳の名勝地でもC57。


下写真の方は、前回詳しく取り上げた珍しい貨物牽引です。

e0295037_10233155.jpg
e0295037_10234037.jpg

そして次の撮影地に向かう為に駅で待っている時に奇跡が起きました。


反対方面に発車して行く列車に見覚えのある顔が!


何と小学生時代の名古屋の鉄友です。


お互いに驚きの表情で手を振り合いました。


(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)




[PR]
by u73213 | 2017-12-19 11:02 | Comments(0)

<< 精神分析/分析心理学 自分と神 >>