勇気づけの嵐

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
10月28日(土)シネマライズほか全国一斉ロードショー
(C)2006 映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」製作委員会
いよいよやつらが、帰ってくる!笑いと涙の完結篇!!

ぶっさんの死後3年。キャッツたちはぶっさんに、そして大人になりきれない自分自身に、最初で最後の"ばいばい"を言えるのか!?

■ 監督:金子文紀 ■ 脚本:宮藤官九郎
■ 出演: 岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、
岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、
阿部サダヲ、山口智充、ユンソナ、
古田新太、森下愛子、小日向文世、
薬師丸ひろ子、栗山千明、MCU
公式サイト

自由研究
by u73213
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
愛と勇気とチェリーパイ
at 2018-01-08 23:52
精神分析/分析心理学
at 2017-12-28 21:03
支配・操作と支援
at 2017-12-19 11:02
自分と神
at 2017-12-09 21:51
仕事/交友/愛
at 2017-11-29 13:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

愛と勇気とチェリーパイ


<日替り記事>


明けましておめでとうございます。


本年も宜しくお願い申し上げます。


<シリーズ・アドラー心理学キーワード>


愛と勇気とチェリーパイ


*「ユーモア


さて、今日からは、アドラー心理学以外でもよく使われる言葉でありながら、大きな意味を持つキーワードを取り上げて行きましょう。


最初は「ユーモア」。


本ブログでも、岩井俊憲先生のギャグ満載講座や、以下の項目にアドラーが喜劇映画を好んだ事等を書いています。


また、社交的でユーモアたっぷりのアドラーのエピソードは、「アドラーの思い出」と言う著書に沢山載っています。


              アドラーの思い出/創元社

          
       

自身の心理学が広まったアメリカの地を、当事者フロイトは逆に嫌っていたと言う事ですが、ナチスの弾圧から逃れてこの国へ移住したアドラーは、言葉の壁をも乗り越えて自身好みの明るい新天地とし、強力な後継者や支援者に恵まれる事にもなりました。


そのおかげで、今、日本での開花宣言と言う有難い状況にもつながっている。


ユーモア様々ですね。


そして皆さんにとって、困難に打ちひしがれている時間やエネルギーを、喜びやユーモアに振り向けるのに必要なのは、工夫の一言に尽きます。


冒頭<勇気づけ通信>にある様な援助を利用するのもその一つですね。


それだけあればなんにも怖くない、乗り越えられる。


愛と勇気のね、Redのチェリーパイ


愛と勇気、そして、平和・幸福を目指している実践の為のアドラー心理学ですから。

「喜びは困難を克服する為の正しい表現である。そして笑いは、喜びと手を取って人を解放し、いわば、この情動の要石となるものである。それは自分の人格を超え、他者との共感を求める。」


著書「性格の心理学」よりアドラーの言葉です。


喜びやユーモアをどう思うかはご自由ですが、これらは、その「愛と勇気と元気イッパイ」心理学の理念にとって欠かせませんね。


フロイトの様に、暗く原因のみ追及したり、自分の考えに合わないものを排除しようと躍起になったりしている訳にはいかんのです。


<シリーズ・アメブロ過去記事の復刻>


意外な趣味


生誕の地ウィーンを離れ、急速に自身の心理学が広まりつつあるアメリカに移住したアドラーですが、住居を構えたニューヨークでも精力的に活動を続けました。


そんな中、唯一のリラクゼーションはハリウッド喜劇、とりわけチャップリンやマルクス兄弟の映画を観る事だったと伝記にあります。


ユーモアのセンスがたっぷりだったので前者は分かるとしても、フロイトの弟子扱いされた時以外は穏やかなスタイルだったアドラーが過激なマルクス兄弟とは!


でもフロイト自身が好まなかった地でも精神分析が浸透していて、アドラーもスイッチの切替えを必要としたのでしょうか?


とにかく、アナーキーなドタバタ喜劇は、欧州出身のアドラーに大きな刺激を与えた事でしょう。


ホームズファンであったり音楽好きであった事は知られていますが、こうした意外な趣味もあったんですね。


以前記事に書いた、やはり過激なSF作家の筒井康隆さんのエッセーでこの喜劇人を知ってから、私も何作か楽しみましたが、一番のお気に入りは「マルクスの二挺拳銃」。


やはり巨人であるバスターキートンは列車を使ったギャグを大いに好んだのですが、こちらの作品でもそれをふんだんに味わえます。

e0295037_11302287.jpg
e0295037_11313456.jpg

走行中に、木造車体の客車を打ち壊してSLの燃料にしてしまうシーン等、爆笑の連続です。


<シリーズ・旅の写真帳>


今回から私鉄編に入線します。


先ずお断りとなります。


このシリーズでは公営交通や第三セクターも含めております。


また、私鉄から国鉄に路線ごと買収され、更に全国の私鉄に再譲渡された車両等を訪ね歩いた記録につきましては、別途動画の旅シリーズと言うのでご紹介して参りたいと思います。


なので本シリーズは、地元集中で手薄な傾向となる事、ご承知おき下さい。


ではまた北の大地から。


三菱鉱業美唄鉄道線は、函館本線の美唄から炭鉱に向かう私鉄です。


国鉄4110型を譲り受けたもの。

e0295037_15142774.jpg

そして、同型の自社発注機がいました。

e0295037_15083499.jpg

これらは、ドイツ製の4100型を改良した国産車で、動輪が5軸も有ります。


青梅米原のところで記事にしたE10型は、更にこれの後継機ですね。


北海道の炭鉱鉄道には、他にも旧国鉄の古典SLが沢山いたのですが、時すでに遅しだった様です。


さて齢を重ね新婚時代の事ですが、函館本線に復活したC62の動画撮影等に加え、小樽、札幌、道東の観光をセットしてカミさんと訪ねた時には、札幌市電のレストランカーに乗車しました。


世界・食の祭典と言うイベントの一環としての運行です。

e0295037_12030285.jpg


予約満席で眺めるだけだった新婚旅行のメルボルン・トラムカー・レストランのリベンジでしたが、地元TV局の取材を受けたりして、食も含め得難い体験でありました。

e0295037_17133978.jpg

(続く)


<鉄道動画集>


YOU TUBE「スヌーピー1」からご覧下さい。


(続く)



[PR]
by u73213 | 2018-01-08 23:52 | Comments(0)

精神分析/分析心理学 >>